読書の杜へようこそ。

読書メーターのデータ再構築を中心とした、読書ブログです。

心の深みへ

【187】心の深みへ 心の深みへ―「うつ社会」脱出のために (新潮文庫) 作者:隼雄, 河合,邦男, 柳田 新潮社 Amazon 【16/09/28】1986~2002年の間に行われた7回の対話をまとめたもの。2002年初出、2013年文庫化。本当に久しぶりに、河合隼雄のことばに接した。…

非常識な読書のすすめ

【186】非常識な読書のすすめ 非常識な読書のすすめ 作者:清水克衛 現代書林 Amazon 【16/09/24】書店「読書のすすめ」を江戸川区で営んでいる清水さんの本(初読み)。30節から成る。「非常識」とあるが、まあまあ「常識的」なことを言っている、自己啓発本…

世界を変えた10冊の本

【185】世界を変えた10冊の本 世界を変えた10冊の本 作者:池上 彰 文藝春秋 Amazon 【16/09/23】 女性誌『CREA』に連載されたものを基にして刊行。単行書は2011年、文庫は2014年刊。「10冊」とは、 ①アンネの日記(アンネ・フランク) ②聖書 ③コーラン ④プロ…

ちょっと今から仕事やめてくる

【184】ちょっと今から仕事やめてくる ちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫) 作者:北川 恵海 KADOKAWA Amazon 【16/09/21】パワハラ上司のいる「ブラックな」職場で思い悩む俺(青山隆)は、駅のホームから落ちそうになっているところを、ヤ…

辞書を編む

【183】辞書を編む 辞書を編む (光文社新書) 作者:飯間 浩明 光文社 Amazon 【16/09/20】『三省堂国語辞典(以下、「三国」)第7版』に先がけて刊行された、「三国」誕生秘話。著者の「ことば愛」が炸裂する。「三国」の基本方針は、「いま、現に使われてい…

やめてみた。

【182】やめてみた。 やめてみた。 本当に必要なものが見えてくる、暮らし方・考え方 (幻冬舎文庫) 作者:わたなべぽん 幻冬舎 Amazon 【16/09/16】図書館で120人待ちと伝えた知人が、見かねて貸してくれたものだが、このまま自分のものにしてしまうかなあw …

「本が売れない」というけれど

【181】「本が売れない」というけれど (046)「本が売れない」というけれど (ポプラ新書) 作者:永江 朗 ポプラ社 Amazon 【16/09/16】「読書離れ」「出版不況」という「印象」の正体をていねいに腑分けして、ここ40年くらいの「本」をめぐる環境の変化を見据…

2022年9月度のブクログまとめ

こんにちは。 9月最終日、もう今日のうちに新しく「読了」となる見込みのものはないと踏んだので、9月分のブクログまとめをUpします。今月の「読了」は、以下の4冊ですが、チラとでも開いた冊数は、30冊前後になったようです。 ご覧いただけるように、冊数は…

日本という国

【180】日本という国 決定版 日本という国 (よりみちパン! セ) 作者:小熊英二 新曜社 Amazon 【16/09/09】日本の近現代史(明治維新と第二次大戦後)のネガ像をトレースしているもので、中高生向けのシリーズにしては、重苦しい問いかけを含んでいる一冊。し…

15歳の日本語上達法

【179】15歳の日本語上達法 15歳の寺子屋 15歳の日本語上達法 作者:金田一 秀穂 講談社 Amazon 【16/09/08】外国語や古典にアタックして、現在を相対化することと、ホンモノを知ること、それとわかる力を身につけること。正確に、わかりやすく表現(書く)訓…

社会学を学ぶ

【178】社会学を学ぶ 社会学を学ぶ (ちくま新書) 作者:内田隆三 筑摩書房 Amazon 【16/09/07】デュルケームからパーソンズ、ルーマンに至る流れや、マルクスの物象化論、レヴィ・ストロースの構造主義、フーコーの知の考古学、柳田国男の習俗論、ベンヤミン…

まんがでわかる 7つの習慣

【177】まんがでわかる 7つの習慣 まんがでわかる 7つの習慣 宝島社 Amazon 【16/08/30】さしあたって、マンガの部分のみを読んでみた。それ以外は、特に必要性を感じなかったので。完訳版持っているけど、読める気がしないw * * * 最近になって、初学者…